【マルタ観光】ハジャーイム神殿とイムナイドラ神殿がおすすめ。マルタ島の巨石神殿群  Megalithic Temples of Malta, Ħaġar Qim and Mnajdra Temple



Cocoro
Cocoro

マルタ島には、現在、約30基以上の巨石神殿群 (Prehistoric Sites and Temples)確認されています。その巨石神殿群の中でも、観光名所である青の洞門(Blue Grotto)からも近く、アクセスしやすい世界遺産のハジャーイム神殿イムナイドラ神殿をご紹介します。


ハジャーイム神殿・イムナイドラ神殿への行き方




私の場合は、青の洞門(Blue Grotto)と合わせて観光したのですが、ハジャーイム神殿・イムナイドラ神殿へ路線バスに乗って行く方法をご紹介します。



バレッタ(Valletta)までは路線バス、タクシーなどを使って移動します。

  • バレッタ(Valletta)から路線バス(74番)に乗ります。
  • ハジャー(Hagar)で下車します。(バス乗車時間約50分)


    バスを下車してから徒歩で5分ほどで、到着します。







青の洞門からハジャーイム神殿までは徒歩で約20分ほどで行くこともできますし、
バスを利用することもできます。
バスの場合は1時間に1本ほどの感覚で出ていますが、マルタのバスは時間通りに来ないことが多いので効率よく観光したい場合は歩いた方が良いかもしれません。




ハジャーイム神殿とイムナイドラ神殿



マルタ島の30以上ある巨石神殿群 (Prehistoric Sites and Temples)の中で6つの神殿がマルタの巨石神殿群としてユネスコの世界文化遺産に登録されています。

  • ハジャーイム神殿
  • イムナイドラ神殿
  • スコルバ神殿
  • タハジュラット神殿
  • タルシーン神殿
  • ジュガンティーヤ神殿 (ゴゾ島)



ハジャーイム神殿とムナイドラ神殿は1839年、1893年に発掘されました。
現存する神殿群の中でも保存状態が大変良いことで知られています。
雨や風の浸食を防ぐための白いテントで守られています。

これらの巨石神殿はマルタの先史時代のジュガンティーヤ期として知られる紀元前3600年から3200年の間のものとされています。


ハジャーイム神殿

外壁に沿って、高さ5.2mの石や、20トン近くの重さがあると推定される巨大な巨石など、これらの建造物の建設に使用された巨石を見ることができます。

ハジャーイム神殿の部屋の1つには天体と暮らしを結びつける仕掛けがあり、夏至の日の出に合わせて切り出された楕円形の穴に太陽の光が差し込み、室内の石板を照らし部屋の内部に光が入るように設計されています。

神託の間
ハジャーイム神殿で見つかったレリーフ




イムナイドラ神殿

ハジャーイム神殿から約500m(約5分ほど)坂を下るとイムナイドラ神殿があります。同様に雨や風の浸食を防ぐための白いテントで守られています。

ハジャーイム神殿の柔らかいGlobigerina Limestone(グロビゲリナ石)よりも強いCarolline Limestone(珊瑚質の石)を用いたため、保存状態が特に美しいとされています。


フィフラ島を見下ろす丘の上にあります。
眺めが素晴らしいです。

イムナイドラ神殿


正面玄関の向かいに小さなドリル穴で飾られた出入り口があり、この出入り口と装飾されたブロックは春と秋の初日に昇る太陽の位置を示しています。





ハジャーイム神殿とイムナイドラ神殿の営業時間や入場について




ハジャーイム神殿とイムナイドラ神殿 

  • 営業時間:
    木〜日曜日の10:00〜16:30


    現在、covid-19により変更される場合がありますので、事前に確認の上ご利用ください。

  • 入場料:(ハジャーイム神殿とイムナイドラ神殿、ビジターセンターへの入場が含まれています)

    大人(18〜59歳) 10ユーロ
    *青少年(12〜17歳)/シニア(60歳以上)7.5ユーロ
    *子供(6〜11歳) 5.50ユーロ

    *幼児(1〜5歳)無料

    (*有効なID/学生証を提示する必要があります。)


Cocoro
Cocoro

マルタ島の観光名所はたくさんありますが、青の洞門へ行かれるなら、一緒にこのハジャーイム神殿とイムナイドラ神殿に行かれることをおすすめします。
マルタ島南部の丘から美しい地中海を見下ろせる素晴らしい場所にあるので、
晴れた日に訪れるととても気持ちが良い所です。
エジプトのピラミッドよりも古いといわれる遺跡、今から4500年以上も前に生きていた人々が天体と暮らしを結びつけ工夫をして暮らしていたことも、この巨大な石をどうやって運んでいたのかも想像するととても興味深くて面白いですね。





現在、外務省の感染症危険情報レベルにて、マルタは引き続き「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」が発出されております。

10月13日首相令が公表されました。本首相令の規定は、10月14日から適用され、11月13日まで有効となります。
●本首相令は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、マスクを常時携帯し、私的住居以外の閉鎖空間や屋外のあらゆる場所でマスクを着用することを義務付けています(一部例外あり(以下※印)。)。そして、本首相令は、私的住居内であっても、同居人ではない人が居合わせる場ではマスクの着用を強く推奨する、としています。
(※)以下の方は、上記の義務を免除されます。
・運動中の者
・6歳未満の子供
・マスクの着用に適さない疾患や障害を持つ者。また、右の者の世話・介助を行う上でマスクの着用が不適当な者。

●また、本首相令は、例えば、以下のような制限措置も規定しました。
・アマチュアレベルの接触を伴うスポーツに関する試合や活動は全て禁止される。
・屋内外にかかわらず、パーティー(feste)は禁止される。市民婚、宗教婚を問わず、結婚式後のパーティーには、関連のプロトコール及びガイドライン遵守のもと、最大30名まで参加可能。私的住居に関し、パーティー開催や同居人でない人々を6名以上招待することを避けることを強く推奨する。
・あらゆる種類の学校が企画する修学旅行、生徒間・姉妹校交流に関するイニシアティブ、ガイドツアーや教育目的の外出の中止。
・飲食サービス業(喫茶店、パブ、レストラン、ジェラート屋、菓子屋を含む。)は、テーブル席での飲食につき24時まで、着席しない飲食については21時まで許可される。

●なお、日本からイタリアに入国する者に対して課される14日間の自己隔離等義務(一部例外あり。)に変更はありません。
(在マルタ日本国大使館からの安全情報)
(外務省・海外安全ホームページより抜粋)





+3