【マルタ観光】マルタ島おすすめスポット12選! (パート2)12 Recommended Spots on Malta!



Cocoro
Cocoro

みなさん、こんにちは。
マルタ島のおすすめスポット12選のうちの後半の7−12までをご紹介します。




7. スピノーラ湾 (セントジュリアン) Spinola Bay, St. Julian





マルタ島のセントジュリアン(サンジュリアン)地区はたくさんのレストランやカフェが建ち並び、とても人気のある観光スポットとなっています。


そのセントジュリアン地区にあるスピノーラ湾
昼間の景色も美しいですが、こちらでは夜景がとても綺麗でスピノーラ湾の景色を眺めながら食事を楽しむことができます。



マルタ島とゴゾ島で栽培された白ブドウの品種を使ったマルタの白ワイン。
タコのシーフードパスタ


8.タ・ピーヌ教会 (ゴゾ島) Ta’ Pinu Basilica





ゴゾ島にあるタピーヌ教会は『奇跡の教会』と呼ばれています。


1833年に教会の近くを通った農婦が聖母の声を聞いた後、人々の病気や怪我を治したという言い伝えがあります。教会の内部には奇跡を感謝する手紙などが飾られています。

ゴゾ島へ観光に行かれるなら訪れたいおすすめスポットです。

ゴゾ島のビクトリアから路線バス308番に乗って『Pinu』で下車します。(乗車時間約10分)

マルタ島、ゴゾ島の路線バスはおおよそ1時間に1本くらいの感覚のところも多く、
時間通りに来ないことも多いので、時間に余裕を持って行かれることをおすすめします。





9. ブルーラグーン(コミノ島)Blue Lagoon, Comino Island





マルタ共和国の中で一番小さな島のコミノ島にあるブルーラグーン


船が宙に浮いてるようにみえるほど透明度が高い海の美しさで有名な場所です。


マルタ島からコミノまではマルタ島のスリーマフェリーというところから出ているボートでツアーに参加しました。こちらではゴゾ島の観光付きクルーズなどたくさんのボートツアーチケット売り場がたくさんあるので気軽に行くことができておすすめです。



マルタ島周辺も海は透明度が高く綺麗ですが、コミノ島のブルーラグーンはその透明度を超える美しさです!






10.ロウワーバラッカガーデン Lower Barrakka Gardens




マルタの首都バレッタにあるアッパーバラッカガーデンから徒歩で15分ほどのところにある、
ロウワーバラッカガーデン。この庭園からは素晴らしい景色を眺めることができます。


ベンチに座って、青く澄んだ地中海や行き来する船を見ながらゆっくりと過ごすことができます。

おすすめスポット前半で紹介したアッパーバラッカガーデンと比べると、それほど知られていないため、人もそれほど多くなく混雑していないので穴場的なおすすめスポットです。

静かなので、リラックスできますよ。





11.スリーマ Sliema




スリーマはマルタ島の中で最も人口の多い街で島の北東海岸に位置しています。

青く澄んだ地中海と旧市街のバレッタを望めるテラスのあるカフェなど、海沿いにカフェやレストランが並んでいます。

マルタに行ったときはスリーマにあるホテルに泊まっています。
どこへ行くにも便利な場所にあります。バレッタにもフェリーで簡単に行くことができます。
海岸線には遊歩道があり散歩やジョギングをしている人をたくさん見かけます。
マルタに住むならスリーマに住んでみたいです!





12.ザ・サブマリン The Submarine







マルタの首都バレッタにある、お手頃価格で買えるサンドイッチ屋さんです。

人気店なのか、並んでいます。ラップ(3.5ユーロ)とマルタのビール、チスクを買って公園のベンチで食べるランチもおすすめです!



このお店で一緒に買ったマルタの地ビールチスク(CISK)
この黄色ラベルの缶を見るたび、マルタに来た!という気持ちになります。




【マルタ観光】マルタ島おすすめスポット12選! (パート1)12 Recommended Spots on Malta!






現在、外務省の感染症危険情報レベルにて、マルタは引き続き「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」が発出されております。

10月13日首相令が公表されました。本首相令の規定は、10月14日から適用され、11月13日まで有効となります。
●本首相令は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、マスクを常時携帯し、私的住居以外の閉鎖空間や屋外のあらゆる場所でマスクを着用することを義務付けています(一部例外あり(以下※印)。)。そして、本首相令は、私的住居内であっても、同居人ではない人が居合わせる場ではマスクの着用を強く推奨する、としています。
(※)以下の方は、上記の義務を免除されます。
・運動中の者
・6歳未満の子供
・マスクの着用に適さない疾患や障害を持つ者。また、右の者の世話・介助を行う上でマスクの着用が不適当な者。

●また、本首相令は、例えば、以下のような制限措置も規定しました。
・アマチュアレベルの接触を伴うスポーツに関する試合や活動は全て禁止される。
・屋内外にかかわらず、パーティー(feste)は禁止される。市民婚、宗教婚を問わず、結婚式後のパーティーには、関連のプロトコール及びガイドライン遵守のもと、最大30名まで参加可能。私的住居に関し、パーティー開催や同居人でない人々を6名以上招待することを避けることを強く推奨する。
・あらゆる種類の学校が企画する修学旅行、生徒間・姉妹校交流に関するイニシアティブ、ガイドツアーや教育目的の外出の中止。
・飲食サービス業(喫茶店、パブ、レストラン、ジェラート屋、菓子屋を含む。)は、テーブル席での飲食につき24時まで、着席しない飲食については21時まで許可される。

●なお、日本からイタリアに入国する者に対して課される14日間の自己隔離等義務(一部例外あり。)に変更はありません。
(在マルタ日本国大使館からの安全情報)
(外務省・海外安全ホームページより抜粋)





+3