【バチカン観光】バチカン観光の見どころを紹介!バチカン美術館・サン・ピエトロ大聖堂の魅力 Introducing the highlight of Vatican. “The Musei Vaticani and the Basilica di San Pietro in Vaticano”



Cocoro
Cocoro

イタリア、ローマ観光とともに、楽しみにしていたバチカン市国への訪問。
サン・ピエトロ大聖堂やバチカン美術館など見どころが充実しています。
今回は、バチカン市国を訪問する際知っておきたいことや見どころなどについて紹介します。



バチカン市国はどこにある?





バチカン市国はイタリアのローマの北西部に位置している都市国家で、聖ペテロの墓の上に造られたカトリック教会の総本山です。1984年にバチカンの国土全域がユネスコの世界遺産に登録されました。



ローマ教皇の居住地で住民のほとんどが聖職者。面積、人口ともに世界最小の独立国家です。

サン・ピエトロ大聖堂や、バチカン美術館には、ミケランジェロやラファエロなどの巨匠の美術品が所蔵されており、貴重な建築物が並んでいます。

サン・ピエトロ広場 Piazza San Pietro





サン・ピエトロ広場(Piazza San Pietro)は、教皇アレクサンデル7世の命によりジャン・ロレンツォ・ベルニーニの設計によって始まり、1667年に完成したサン・ピエトロ大聖堂の前に広がる円形の広場です。



284本のドーリア式円柱で装飾された回廊により広場を取り囲むようにして構成されています。
回廊の上には140体の聖人の像が飾られていて、これらはベルニーニの弟子らによる作品です。



広場中央にあるオベリスクは1世紀頃にエジプトから運ばれたもので、バチカヌスの丘にあった競技場におかれていたものと言われています。



マデルノの噴水


サンピエトロ大聖堂 Basilica di San Pietro in Vaticano






サンピエトロ大聖堂(Basilica di San Pietro in Vaticano)は、324年にコンスタンティヌス帝の命により、聖ペトロの墓の上に建築されたといわれています。


16世紀初めに新聖堂の建築が始まり、1514年にラファエロ・サンティが主任建築家となりました。その後も1546年にミケランジェロが主任建築家となり建築工事が進められました。


1626年に新築の会堂を神にささげる儀式である、『献堂式』が行われました。


ミケランジェロのクーポラ

ベルニーニ作の高さ29mの大天蓋(バルダッキーノ)


ミケランジェロ ピエタ像

ミケランジェロの代表作『ピエタ』は、ミケランジェロが25歳の時の作品です。





システィーナ礼拝堂 Cappella Sistina





システィーナ礼拝堂(Cappella Sistina)は、シクストゥス4世の命により教皇の礼拝堂として1475年に建設が始まり1481年に完成しました。

ミケランジェロが6年の歳月をかけて描いた壁画の『最後の審判』や、同じく4年の歳月をかけて描いた大天井画の『創世記』は必見で、大変見応えがあります。

*写真、動画の撮影は禁止されています。


バチカン美術館 Musei Vaticani








バチカン美術館(Musei Vaticani)は、ヴァチカン市国にあり、歴代のローマ教皇の収集品を展示する世界最大級の美術館です。イタリア、ローマへ観光に来たら外せない場所のひとつです。

館内の所蔵作品数は15万点以上、展示室は1,000以上とバチカン美術館内も非常に広く、大きいです。


バチカン美術館への入場チケット購入のための長い待ち時間を避けるため、オンラインでの事前予約をおすすめします。

システィーナ礼拝堂も、バチカン美術館の通常チケットで入場することができます。

チケットは15分単位での時間指定制となっており、その時間に事前予約者専用の列から入場することができます。

バチカン美術館オンライン予約公式サイト(英語)→→→




「ナイル川」 1〜2世紀の古代ローマの作品。
1513年にカンポマルツィオの教会近くで発見されました。擬人化したナイル川を表しています。


プリマ・ポルタのアウグストゥス像
円形の間(Sala Rotonda)

動物の間(Sala degli Animali)
ギリシャ十字の間の
  女神アテネを描いたモザイク
タペストリーのギャラリー(Galleria degli Arazzi)
27枚のタペストリーが展示されています。





地図のギャラリー(Galleria delle Carte Geografiche)

北側のバチカン美術館と南側のバチカン宮殿を繋ぐ長い廊下は「地図のギャラリー」と呼ばれ、イタリア各地の地図が描かれています。天井にも美しい絵が描かれており艶やかでその美しさに魅了されますよ。



地図のギャラリー(Galleria delle Carte Geografiche)
イタリアの地図







ラファエロの間(Stanze di Raffaello)

ルネサンスの三代巨匠の一人である、ラファエロが手がけたバチカン宮殿の「ラファエロの間」は、
「署名の間」、「ボルゴ火災の間」、「ヘリオドロスの間」、そしてラファエロ没後、ラファエロの弟子が手がけた、「コンスタンティヌスの間」の4つの部屋があります。



署名の間の天井を飾る「正義の女神(Giustizia) 左上 ラファエロ作



署名の間の「聖体の議論」ラファエロ作



ボルゴの火災の間(Stanza dell’Incendio di Borgo)の「ボルゴの火災」ラファエロとその工房作



ヘリオドロスの間(Stanza di Eliodoro)
ヘリオドロスの間(Stanza di Eliodoro)の「教皇レオとアッティラの会談」



ヘリオドロスの間(Stanza di Eliodoro)の「ヘリオドロスの神殿からの追放」ラファエロ作



コンスタンティヌウスの間(Sala di Costantino)






イタリアへの(からの)渡航は、2021年7月31日まで特定のカテゴリー(リスト)のご搭乗者に制限されていますが、
日本からの入国は2021年5月16日から目的を問わず入国が可能となっています。

日本は現在カテゴリーの中の「リストD」に属しています。

[リストD] 日本の他、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、韓国、ルワンダ、シンガポール、アメリカ合衆国、タイなど。

・「COVID-19グリーン証明書」を所持していれば自主隔離が不要。
ただし、イタリア到着前の14日以内にブラジル、インド、バングラデシュ、スリランカに滞在した、もしくはこれらの国を通過した場合は特別措置に該当する方を除いてイタリアへの入国を許可されていません。

各国保健当局により発行された以下いずれかを証明する「COVID-19グリーン証明書」
イタリア語、英語、フランス語、またはスペイン語で作成されているもの。
デジタル媒体、紙媒体いずれで提示可。

◎「新型コロナウイルスワクチン接種証明書」
・ワクチンを接種し、規定の回数のワクチン接種完了から少なくとも14日以上経過していること。(6ヶ月間有効。)
・欧州医薬品庁(EMA)が承認したワクチン(ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、ジョンソン&ジョンソン製)のみ有効。

◎「新型コロナウイルス感染回復証明書」
・新型コロナウイルス感染症から治癒し、感染に伴い指示された隔離を終了したこと。治癒の日付から6ヶ月有効。

◎「PCR検査あるいは迅速抗原検査での陰性証明書」
・イタリア入国前48時間以内にPCR検査、または抗原検査を実施し、結果が陰性であったこと。
(鼻からの検体採取であること(唾液は不可))

[リストA〜C対象国]

・サンマリノ、バチカン市国 (リストA)
・オーストリア、ベルギー、ブルガリア、キプロス、クロアチア、デンマーク(1)、エストニア、フィンランド、フランス(2)、 ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イスラエル、ラトビア、リトアニア、 ルクセンブルグ、 マルタ、 オランダ(3)、ポーランド、ポルトガル(4)、チェコ、ルーマニア、 スロバキア、スロベニア、スペイン(5)、スウェーデン、ハンガリー、アイスランド、ノルウェー、ルクセンブルク、英国、スイス、アンドラ、モナコ (リストC)

(1) フェロー諸島及びグリーンランドを含む
(2) グアドループ、マルティニーク、ギアナ、レユニオン、マイヨットを含み、ヨーロッパ大陸外のその他の領土は除く
(3) ヨーロッパ大陸外の領土は除く
(4) アゾレス諸島及びマデイラ諸島を含む
(5) アフリカ大陸の領土を含む

※渡航を検討される際には、
各国当局のホームページを参照するほか、在京大使館に確認するなど、最新の情報を十分に確認してください。