【フィレンツェ観光】花の都・フィレンツェ観光おすすめスポット20選!(パート1)20 Recommended Spot for Sightseeing in Florence, the City of flowers (part.1)



Cocoro
Cocoro

みなさん、こんにちは。イタリア、花の都・フィレンツェ観光でのおすすめスポット20選を2回にわけてご紹介したいと思います。
今回は前半の1〜10までをご紹介します。



1.ドゥオモ / サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 Duomo/ Cattedrale di Santa Maria del Fiore




フィレンツェのシンボルであるドゥオモこと、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(Duomo/ Cattedrale di Santa Maria del Fiore)は、140年以上もの歳月をかけて建設され、1436年に完成しました。


建物の奥行きは153m、世界最大の石積建築のドームである、クーポラの高さは107mもあります。
「花の聖母マリア教会」の名の通り美しい装飾が施されています。


外壁のファサードは、白の大理石を基調として、赤、緑の大理石で装飾されています。
大聖堂は無料で入場することができます。






2. サンジョバンニ洗礼堂 Battistero di San Giovanni






サンジョバンニ洗礼堂(Battistero di San Giovanni)はサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂付属の八角形の洗礼堂です。洗礼者ヨハネに捧げるため、11世紀に建設されました。


14~15世紀には青銅製の3つの門扉が取り付けられました。

東門の扉は旧約聖書をモチーフとしたレリーフがあり、ミケランジェロ天国の門と称したことで知られています。





3. 大聖堂付属博物館 Museo dell’Opera di Santa Maria del Fiore





ドゥオーモ建築の歴史を紹介した博物館です。

ミケランジェロが手がけた2つ目のピエタは、現在の収蔵場所であるフィレンツェのドゥオーモ博物館にちなんで『フィレンツェのピエタ』または『ドゥオーモのピエタ』と呼ばれ、必見です。



ミケランジェロ ドゥオーモのピエタ(未完)



4. ジョットの鐘桜 Campanile di Giotto




ジョットの鐘桜(Campanile di Giotto)は、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオモ)の隣に建設された鐘楼で、フィレンツェで3番目に高い塔です。


塔内部には414段の階段が続き、塔の頂上からはオレンジ色の屋根が連なるフィレンツェの街を360度見渡すことができます。そしてドゥオモの大きなクーポラを間近に見ることができます。





5. ウフィツィ美術館 Galleria degli Uffizi





ウフィツィ美術館(Galleria degli Uffizi)はルネサンス芸術の発祥と言われるフィレンツェにある世界的に有名な美術館です。


フィレンツェの実質的な支配者であったメディチ家の歴代当主が収集した美術収集品を展示したのが始まりで、ボッティチェッリの『ヴィーナスの誕生』レオナルドダヴィンチの『受胎告知』などのルネサンス絵画の名作が揃います。





6. サンタ・マリア・ノヴェッラ教会 Basilica di Santa Maria Novella






サンタ・マリア・ノヴェッラ教会(Basilica di Santa Maria Novella)は、ルネッサンスの建築家、レオン・バッティスタ・アルベルティにより設計されたフィレンツェで最初のゴシック建築教会で、13世紀に建造が始まりました。フィレンツェ中央駅のすぐそばにあります。





7. サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局 Officina Profumo-Farmaceutica di Santa Maria Novella Firenze






サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局(Officina Profumo-Farmaceutica di Santa Maria Novella Firenze)は、1221年にフィレンツェにやってきたドメニコ修道僧によって生まれ、現存する世界最古の薬局の一つと言われています。


フィレンツェ発の香水やポプリ、基礎化粧品などが人気です。





8. ヴェッキオ橋 Ponte Vecchio





ヴェッキオ橋(Ponte Vecchio)は、アルノ川にかかるフィレンツェ最古の橋です。
ヴェッキオとはイタリア語で古いという意味があります。


中世以前から架かる橋は一度は洪水で流されたが1345年に再建されました。
金細工の店が橋の両脇に並んでいます。







9. ベンヴェヌート・チェッリーニの胸像 Monumento a Benvenuto Cellini





ベンヴェヌート・チェッリーニの胸像(Monumento a Benvenuto Cellini)は、ヴェッキオ橋の東側にある像です。
フィレンツェの彫刻家で金細工の名匠、ベンヴェヌート・チェッリーニ (Benvenuto Cellini) の生誕 400 年を記念して彫刻家のラファエロ・ロマネッリ(Raffaello Romanelli)に依頼され、1900年に設置されました。


ベンヴェヌート・チェッリーニの彫像の周りの手すりには多くの場所に南京錠があり南京錠を閉じて川に捨てれば、恋人たちは永遠に結ばれるというものでしたが、現在では、柵に鍵をかけているのが見つかれば €160 の罰金が課せられるという看板が市により設置されています。




10.アカデミア美術館 Galleria dell’Accademia


アカデミア美術館(Galleria dell’Accademia)は、ミケランジェロの傑作「ダビデ像」が収蔵されていることで世界的に知られている美術館です。

シニョーリア広場にあったダビデ像ですが、1873年にミケランジェロの生誕400年祭の時に作品の保護のためアカデミア美術館に移設されました。



Cocoro
Cocoro

アカデミア美術館は予約を取らずに美術館まで行ってみましたが、長蛇の列で諦めました。次回フィレンツェに行くことがあれば、本物のダビデ像を観に行きたいと思います!
フィレンツェおすすめスポットのご紹介後半の6〜10もお楽しみに!






【フィレンツェ観光】ローマからイタロで移動。ドゥオモ/サンジョバンニ洗礼堂/ジョットの鐘桜 /大聖堂付属博物館のまとめ Transfer from Rome to Florence by Italo.




現在、外務省の感染症危険情報レベルにて、イタリアは引き続き「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」が発出されております。

11月3日首相令が首相府ホームページに掲載されました。
●本首相令の規定は、10月24日首相令の規定に代わり、11月6日から適用され、12月3日まで効力を有します。

●本首相令では、例えば、以下のような新たな感染防止措置が規定されています。
・夜間の移動制限(「22時以降翌朝5時までは、証明される仕事上の理由、必要性のある状況又は健康上の理由に動機付けられる移動のみが許可される。」)。
・美術館、文化施設等の市民への開放停止。
・土曜日、日曜日、祝日、そして祝日の前日には、ショッピングモール内及び市場内の商店は、薬局、ドラッグストア、衛生用品販売店、食料品取扱店、タバコ屋及び新聞雑誌売店を除き閉鎖。
・関係規則を遵守の上、宅配サービスは引き続き許可され、持ち帰りサービスは、店舗近辺で飲食しないことを条件に、22時まで営業可能。
●また、今後一部の州・地域においては、更なる予防措置が導入される予定です。具体的には、感染状況や感染リスクに応じ、保健省命令によって指定されることとなりますので、ご注意下さい。
●なお、日本からイタリアに入国する者に対して課される14日間の自己隔離等義務(一部例外あり。)に変更はありません。
●詳しくは、本首相令の新たな規定に焦点を当てた抄訳を在イタリア日本国大使館のホームページに掲載しましたので、以下のリンク先でご確認ください。
https://www.it.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid_19_20201103DPCM.html
(外務省・海外安全ホームページより抜粋)









+3