【フィレンツェ観光】ウフィツィ美術館パート4《芸術作品》Uffizi Gallery part.4 (Works of Art )



Cocoro
Cocoro

みなさん、こんにちは。フィレンツェ、ウフィツィ美術館を訪れた時に撮影した芸術作品を紹介するコラムのパート4です。73作品の中の61〜73までをご紹介します。





今回ご紹介するウフィツィ美術館の13作品






作品 No.61〜74




61. 磔刑と聖マリア・マッダレーナ ルーカ・シニョレッリ 

ルーカ・シニョレッリ(Luca Signorelli)によって1502年から1505年頃に制作された作品です。
ルネッサンス期のイタリア人画家であり、トスカーナ州のコルトーナで生まれました。ルネサンス初期を代表する画家のピエロ・デッラ・フランチェスカの弟子であったと言われています。












62. バルトロメオ・パンチャティキの肖像 アーニョロ・ブロンズィーノ 

アーニョロ・ブロンズィーノ(Agnolo Bronzino)=本名、アーニョロ・ディ・コジモ・ディ・マリアーノ・トーリ(Agnolo di Cosimo)によって1540年から1541年頃に制作された作品です。フィレンツェの有力な貴族で政治家のバルトロメオ・パンチャティキの肖像画です。ブロンズィーノはイタリア・フィレンツェに生まれ、メディチ家の宮廷画家として知られています。













63. モーゼの火の試練 ジョルジョーネ Test of Fire of Moses

ジョルジョーネ(Giorgione)によって1505年頃に制作された作品です。
ジョルジョーネ(Giorgione)=本名、ジョルジョ・バルバレッリ・ダ・カステルフランコ (Giorgio Barbarelli da Castelfranco)といい、ルネサンスのヴェネツィアで活動したイタリア人画家です。












64. 受胎告知 アレッソ・バルドヴィネッティ 

アレッソ・バルドヴィネッティ(Alesso Baldovinetti)によって、1547年頃に制作された作品です。
アレッソ・バルドヴィネッティは、イタリアのフィレンツェで生まれました。彼のスタイルは、フィレンツェで活躍したドメニコヴェネツィアーノの影響を受けており、パネルやフレスコ画、ステンドグラスやモザイクにも取り組んでいます。









65. 聖母子 ヤコポ・ベッリーニ 

ヤコポ・ベッリーニ(Jacopo Bellini)によって1450年頃に制作された作品です。
ルネサンスの画家でヴェネツィア派の創始者です。その息子はヴェネツィア派絵画様式を確立した巨匠のジョヴァンニ・ベッリーニです。

ベネチア派とは

15世紀後半から16世紀、18世紀にイタリアのベネチアを中心に栄えた美術の流派のことで、色彩に重点を置き、感覚的、官能的で人間の感覚に直接訴えかける美を追求しました。












66. ルクレツィア・パンチャティキの肖像 アーニョロ・ブロンズィーノ 

アーニョロ・ブロンズィーノ(Agnolo Bronzino)=本名、アーニョロ・ディ・コジモ・ディ・マリアーノ・トーリ(Agnolo di Cosimo)によって1540年から1541年頃に制作された作品です。フィレンツェの有力な貴族で政治家のバルトロメオ・パンチャティキの妻ルクレツィア・ディ・ジスモンド・プッチの肖像画です。ブロンズィーノはイタリア・フィレンツェに生まれ、メディチ家の宮廷画家として知られています。













67. 聖母の浄化 アンブロージョ・ロレンツェッティ 

アンブロージョ・ロレンツェッティ(Ambrogio Lorenzetti)によって1342年頃に制作された作品です。アンブロージョ・ロレンツェッティは、14世紀に活躍したシエナ派を代表するイタリアの画家です。












68. 聖母子 リッポ・ディ・ベニヴィエーニ 

リッポ・ディ・ベニヴィエーニ(Lippo di Benivieni)によって1310年から1320年頃に制作された作品です。彼は14世紀前半のフィレンツェ絵画の最も重要な画家の一人で、ジョット派の影響を受けています。すべての作品に強いゴシック様式のアクセントを持っています。













69. 出産の聖母子 ベルナルド ダッディ 

ベルナルド ダッディ(Bernardo Daddi)によって1330年から1335年頃に制作された作品です。
ジョット・ディ・ボンドーネの弟子で、ロレンツェッティらシエナ派からも影響を受けています。











70. 聖母子と福音書記者聖ルーカ アンドレア・ヴァンニ 

アンドレア・ヴァンニ(Andrea Vanni)によって1390年頃に制作された作品です。
初期ルネサンスのイタリアの画家で、イタリアのシエナで生まれシエナ派のシモーネ・マルティーニとピエトロ・ロレンツェッティの影響を受けました。












71. ホロフェルネスの首を斬るユーディット アルテミジア・ジェンティレスキ 

アルテミジア・ジェンティレスキ(Artemisia Lomi Gentileschi)によって1620年頃頃に制作された作品です。当時としては珍しい女性の画家で、フィレンツェの美術アカデミーにおける初の女性会員です。カラヴァッジョの画風を継承したカラヴァジェスキの一人です。












72. エレオノーラ・ディ・トレドと息子ジョバンニの肖像 アーニョロ・ブロンズィーノ 

アーニョロ・ブロンズィーノ(Agnolo Bronzino)=本名、アーニョロ・ディ・コジモ・ディ・マリアーノ・トーリ(Agnolo di Cosimo)によって1545年頃に制作された作品です。名家メディチ家のコジモ一世の妻でもあるエレオノーラとその息子ジョバンニの肖像画です。ブロンズィーノは、イタリア・フィレンツェに生まれ、メディチ家の宮廷画家として知られています。












73. ご誕生と羊飼いの礼拝 ロレンツォ・ディ・クレディ 

ロレンツォ・ディ・クレディ(Lorenzo di Credi)によって1495年から1497年頃に制作された作品です。イタリア・フィレンツェに生まれました。アンドレア・デル・ヴェロッキオの工房でペルジーノと共に学んだ画家でヴェロッキオ工房で仕事を初め、ヴェロッキオの死後に工房を引き継いだ人物です。
















【フィレンツェ観光】ウフィツィ美術館パート1《芸術作品と予約方法》Uffizi Gallery part.1 (Works of Art and reservation method)



【フィレンツェ観光】ウフィツィ美術館パート2《芸術作品》Uffizi Gallery part.2 (Works of Art )



【フィレンツェ観光】ウフィツィ美術館パート3《芸術作品》Uffizi Gallery part.3 (Works of Art )





現在、外務省の感染症危険情報レベルにて、イタリアは引き続き「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」が発出されております。

12月2日緊急政令第158号が官報に掲載されました。
●本緊急政令の主な規定の概要は以下のとおりですので、ご留意ください。
(第1条2項)
・2020年12月21日から2021年1月6日まで、全土において、州・自治県を越えた移動は禁止される。
・2020年12月25日、26日、及び2021年1月1日は、証明される仕事上の理由、必要性のある状況、又は健康上の理由に動機付けられる移動を除いて、自治体(コムーネ)を越えた移動は禁止される。
・いずれにせよ、自身の住所・居住地・居所への帰還のための移動は許可されるが、他の州や自治県にあるセカンドハウスへの移動は禁止される。
・2020年12月25日、26日及び2021年1月1日は、他の自治体(コムーネ)にあるセカンドハウスへの移動も禁止される。
(第1条3項)
・2020年12月21日から2021年1月6日の期間においては、州ごとのリスクおよびシナリオレベルの分類とは関係なく、別途首相令によって特別な措置が規定される場合がある。

  

11月3日首相令が首相府ホームページに掲載されました。
●本首相令の規定は、10月24日首相令の規定に代わり、11月6日から適用され、12月3日まで効力を有します。

●本首相令では、例えば、以下のような新たな感染防止措置が規定されています。
・夜間の移動制限(「22時以降翌朝5時までは、証明される仕事上の理由、必要性のある状況又は健康上の理由に動機付けられる移動のみが許可される。」)。
・美術館、文化施設等の市民への開放停止。
・土曜日、日曜日、祝日、そして祝日の前日には、ショッピングモール内及び市場内の商店は、薬局、ドラッグストア、衛生用品販売店、食料品取扱店、タバコ屋及び新聞雑誌売店を除き閉鎖。
・関係規則を遵守の上、宅配サービスは引き続き許可され、持ち帰りサービスは、店舗近辺で飲食しないことを条件に、22時まで営業可能。
●また、今後一部の州・地域においては、更なる予防措置が導入される予定です。具体的には、感染状況や感染リスクに応じ、保健省命令によって指定されることとなりますので、ご注意下さい。
●なお、日本からイタリアに入国する者に対して課される14日間の自己隔離等義務(一部例外あり。)に変更はありません。
●詳しくは、本首相令の新たな規定に焦点を当てた抄訳を在イタリア日本国大使館のホームページに掲載しましたので、以下のリンク先でご確認ください。
https://www.it.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid_19_20201103DPCM.html
(外務省・海外安全ホームページより抜粋)











+3