【イタリア・シチリア島】アグリジェントの神殿の谷を歩く。Walk down the “Valle dei Templi” in Agrigento, Sicily


Cocoro
Cocoro

,数年前にマルタ島旅行中にシチリア島と南イタリアへ旅しました。
シチリア島では、『アグリジェント』へ立ち寄ったのでこちらでご紹介したいと思います。



アグリジェントへの行き方






マルタ島からシチリア島へは、フェリーか、飛行機を利用して行くことができます。
私の場合は、マルタ航空を利用し航空便でシチリア島のカターニアまで行きました。
所要時間は45分程です。



カターニアの空港からアグリジェントまではバス(SAIS社)を利用しました。

所要時間は約3時間です。時刻表や詳細については下記サイトでお確かめの上ご利用ください。
(月〜土は1時間に1本程度便があるようです。)
SAIS社サイト→→→




世界遺産の『神殿の谷』 Valle dei Templi



シチリア島のアグリジェントはその昔、古代ギリシアの都市として栄えました。
1997年に『アグリジェントの考古学地域』として世界遺産に登録された神殿の谷の遺跡群は、
古代ギリシャ時代である紀元前4~5世紀頃に建てられました。

“考古学公園”として多くの人が訪れる神殿の谷ですが、東端にあるヘラ神殿から西端のディオスクロイ神殿までの距離はなんと約1.5kmもあります。

自然災害や風化によって神殿のほとんどは崩れてしまいましたが、34基のドーリア式円柱がほぼ完全な形で残るコンコルディア神殿は、ギリシア、アテネのパルテノンにも引けを取らないくらい保存状態も良く見応えがあります。


『神殿の谷』廻った順路 



東側ヘラ神殿前のチケット売り場

アグリジェントで宿泊したホテルの特典で、ホテルから神殿の谷までの送迎付だったので、車で神殿の谷まで行きました。
地元の人がオススメする歩き方で、東側から西側に向かって歩くようにと、東側の切符売り場近くで降ろしてもらいました。
なぜオススメなのかというと、高台のある東側から西方面は下り坂なのでより歩きやすく疲れないのです。

そして、この方法にして良かった!と思ったのは、東から西へ神殿の谷を移動した後で東側までの上り坂を戻らずにホテルの車が西側に移動して私をピックアップしてくれたことです。

天候にも恵まれて実際炎天下の中を歩くこともなく、雨も降らずに快適に神殿の谷を歩くことができました。


私は東側のヘラ神殿前出入口のチケット売り場以外にも、西側のPorta V出入口と、考古学博物館にもチケット売り場があります。


*バスを利用したい人は、アグリジェントのバスターミナルから神殿の谷までのバスが出ています。


ヘラ神殿 Temple of Juno

東端にある神殿の谷の中でも比較的損傷の少ない神殿です。
かつては結婚式の場として使われたヘラ神殿は、紀元前460〜440年頃に建てられたとされています。34本のうちの25本の柱が今も残っています。


ヘラ神殿

神殿の谷の遺跡群は高台に位置しているので地中海が見渡せます。
とても美しいです。

ビザンチン・アルコソリウム Arcosoli Bizantini

ヘラ神殿からコンコルディア神殿へ歩いて行くと見えてくる城壁跡です。
『アルコソリウム』はラテン語で『アーチ』という意味があり、城壁に掘られた穴(アーチ状の窪み)はビザンチン時代の墓の跡です。

城壁跡から見える地中海




コンコルディア神殿 Tempio della Concordia

コンコルディア神殿は、紀元前450〜440年頃に平和の女神コンコルディアを祀るために建てられました。シチリア島最大の神殿です。
ギリシア・アテネのパルテノン神殿と並び保存状態が良く、ほぼ完全な状態で今も残っています。

コンコルディア神殿
コンコルディア神殿の前にある現代アート。
イカロスのブロンズ像









*アグリジェントの名産はアーモンドで、この神殿の谷周辺にはアーモンドの木々や果樹が広がっています。

アーモンドの実




*砂質岩凝灰岩でできた石をよく見てみると、貝の化石が!





初期キリスト教徒共同墓地 Palaeochristian necropolis



地下にも続く、初期キリスト教徒共同墓地です。








ヴィラ・アウレア Villa Aurea

ヘラクレス神殿の円柱を復元した英国人考古学者アレキサンダー・ハードキャッスル卿邸です。
現在は管理事務所として使われています。





ヘラクレス神殿 Tempor di Ercole

1924年にイギリス人の考古学者アレキサンダー・ハードキャッスル卿により復元されたこの地域で最古の神殿です。現在は8本の柱だけが残っています。紀元前520年頃に建てられました。







ジョーヴェ・オリンピコ神殿 (ゼウス・オリンピア神殿) Temple of Olympian Zeus


ゼウスを祀るために建てられた神殿です。カルタゴとイメラの戦勝記念で紀元前5世紀に建てられましたが、地震により倒壊してしまい、現在は巨大な岩塊が積み重ねられた状態で残されています。

ゼウス神殿を支えたとされる巨大な人像柱のレプリカが横たわっています。(オリジナルは州立考古学博物館に展示されています。)







敷地内には軽食を取ることができるカフェも。








ディオスクロイ神殿 Temple di Dioscuri


神殿の谷の西端に位置する神殿です。紀元前5世紀頃に建てられたとされています。
現在は復元された4本の柱と天井の一部のみが残っています。








夜の神殿 ライトアップ


アグリジェントの神殿や遺跡は、夜間はライトアップされます。

宿泊した宿でハーフボード(朝食と夕食付)のプランで泊まるとディナーの後、宿泊客を夜の神殿ライトアップ鑑賞に車で連れいってくれました。

昼間と雰囲気が変わり、幻想的でとても良かったです。アグリジェントの宿の中にはこのようなサービスをしてくれるところもいくつかあるかもしれません。
アグリジェントで宿泊するなら事前に調べてみてはいかがでしょうか?









サン・ニコラ教会 Chiesa di San Nicola




聖ニコラスに捧げられたサン・ニコラ教会は13世紀後半に建てられました。ゴシックローマ様式の外部ファサードや内部など、とても美しい中世の教会です。

アグリジェント州立考古学博物館と同じ敷地にあります。








神殿の谷の歩き方



広大な敷地の神殿の谷は日よけになる場所はほとんどありません。日差しが強いことも多いので、日焼け止め、帽子、飲料水、サングラスなどの対策が必要です。
歩きやすいスニーカーなどで歩くことをおすすめします。









現在、外務省の感染症危険情報レベルにて、イタリア全土、サンマリノ全土、マルタ全土は引き続き「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」が発出されております。 イタリア]全土   [サンマリノ]全土  [マルタ]全土

1 日本の新たな水際措置
 日本においては,12月28日より以下(1)~(3)のとおり新たな水際措置が実施されています。
(1)入国制限(外国籍者のみ対象):10月1日から実施していた「全ての国・地域からの新規入国」を一時停止(さしあたり2021年1月末まで)。
(2)日本在住の日本人及び在留資格保持者に対する特例措置(日本国籍者も対象):11月1日より実施していた「全ての国・地域への短期出張からの帰国・再入国時における特例措置」を一時停止(さしあたり2021年1月末まで)。
(3)検疫の強化:日本における緊急事態宣言発出に伴い,1月8日,検疫措置が強化され,国・地域や国籍を問わず,全ての入国者・再入国者・帰国者は,現地出国前72時間以内に受検したコロナ検査の陰性証明の提出が必要となります(1月13日午前0時(日本時間)から適用)。
○新たな水際措置(外務省)(2021年1月8日)
 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C006.html 
○水際対策に係る新たな措置(全ての入国者に対する出国前検査証明の導入)(厚生労働省)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html 

2 検査証明のフォーマット
 検査証明のフォーマットについては,以下の外務省ホームページをご覧ください。
○有効な「出国前検査証明」フォーマット(外務省ホームページ)
 https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page25_001994.html 
 このフォーマットに記載のすべての情報が英語で明記されていれば,検査機関所定の任意書式でも結構です(任意書式の証明書には,氏名,パスポート番号,国籍,生年月日,性別,検査手法,検査結果,検体採取日時,検査結果決定年月日,検査証明交付年月日,医療機関名(又は医師名),医療機関住所,医療機関印(又は医師の署名)が必要となります。)。

3 日本到着以降の検疫措置
 現地出国前72時間以内にコロナ検査を受け,陰性証明をもって日本に渡航しても,本邦到着時には改めて検査を受けていただくこととなります。また,空港検査において陰性判明後,入国し,公共交通機関を使わずに自宅等の滞在先に向かい,その後14日間は自宅等において待機することが要請されていますので,ご留意ください。

4 質問票Webの事前登録
 日本到着時には,検疫所への質問票の提出が求められています。従来の紙ベースの質問票(日本到着便の機内で配布)に加え,ご自身のスマートフォンやタブレットで「質問票Web」に事前に情報を入力し,発行されたQRコードを日本到着時に検疫官へ提示する必要があります(詳細は下記の厚生労働省ウェブサイト参照)。
 航空機搭乗前の入力は必ずしも求められていませんが,航空会社によっては「質問票Web」への入力後に発行されるQRコードを提示しないと搭乗手続きができない,としている航空会社もありますので,日本への入国・帰国を予定されている方はご注意ください。
○質問票Webへの到着前入力(厚生労働省)
 https://p-airnz.com/cms/assets/JP/pdf/questionnaire_website_jp.pdf 
○質問票Webへのアクセス
 https://arqs-qa.followup.mhlw.go.jp/#/ 

【問い合わせ窓口】
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
 日本国内から:0120-565-653
 海外から:+81-3-3595-2176(日本語,英語,中国語,韓国語に対応)
○出入国在留管理庁(入国拒否,日本への再入国)
  電話:(代表)03-3580-4111(内線4446,4447)
○外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション
  電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い,日本語の「1」を選んだ後,「5」を押してください。)一部のIP電話からは,03-5363-3013

(外務省 海外安全ホームページより)











+3