【イタリア・シチリア島】ドゥオーモ広場とカターニア大聖堂 Piazza del Duomo and Cathedral of Sant’Agata Sicily, Italy


Cocoro
Cocoro

マルタ島、シチリア島、南イタリアを旅行した時に、少しだけ立ち寄ったシチリア島の都市、カターニアについてご紹介します。



シチリア島の第二の都市 カターニア





カターニアはイタリア、シチリア島の中でパレルモに次ぐ第二の都市です。
シチリア島のカターニアをはじめとした8つの街の街並みは2002年に『ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々』として世界遺産に登録されています。北方にあるエトナ山も同じく世界遺産に登録されています。

この美しい街並みは、17世紀のエトナ山噴火と大地震の後に再建されたものです。カターニアは南イタリアのミラノとも呼ばれています。





カターニア空港から市内への行き方




カターニアの空港から市内へは、バスかタクシーで行くことができます。
私の場合は、バスを利用しました。


Alibus (アリバス) サイト→→→

アリバスのチケットはバスの車内で購入できます。一人(片道)4ユーロでした。

乗り場はシチリア各地へ向かうバスのチケット売り場や停留所が並んでいる場所です。空港を出て右側です。

市内の停留所をいくつか回っていきます。どの停留所で降りるかにより変わりますが、所要時間は約30分ほどです。

巡回バスなので、空港へ行きたい場合もこのバスに乗ります。


カターニア大聖堂 Cathedral of Sant’Agata





カターニア大聖堂は正式な名称は聖アガタ大聖堂といいます。守護聖女であるサンタ・アガタに捧げられて11世紀中頃にルッジェーロ1世により古代ローマ時代の浴場跡に建てられましたが、17世紀の大震災で崩壊し、カターニアの街を破壊したエトナ火山の溶岩を利用して18世紀に入り、 バロック様式で再建されました。

著名な建築家のジョヴァン・バッティスタ・ヴァッカリーニによって設計されたファサードが青みがかった灰色であるのは溶岩が使われているためです。



大聖堂の内部には聖アガタの祭壇やカターニア出身のオペラ作曲家であるヴィンチェンツォ・ベッリーニの墓があり、フレスコ画も見ることができます。


バロック様式のファザード



大聖堂内部



















サンタ・アガタガーデン Sant’Agata Gardens


カターニア大聖堂の脇には、庭園があります。




カターニア大聖堂の横にある庭園です。



ドゥオーモ広場 Piazza del Duomo e Fontana dell’Elefante






ドォーモ広場(Piazza del Duomo)は、カターニアの中心広場として、1693年の大地震の後に再建されました。
広場中央にはカターニアのシンボルの象の噴水(Fontana di Elefante)があります。
この噴水は建築家のジョヴァン・バッティスタ・ヴァッカリーニヴァッカリーニの設計で造られました。人々の待ち合わせ場所となっています。

この広場の周囲をバロック様式の教会や宮殿が取り囲んでいます。



象の噴水 Fontana dell’Elefante











ウヅェダ門 Porta Uzeda







ウヅェダ門(Porta Uzeda)は、ドォーモ広場の南東の奥にある門で、1693年の大地震の後に再建されました。門の左側は司教館(現在は宗教関係の博物館)、右側は昔の神学校となっています。



ドゥオーモ広場近くのドルチェ屋さん


ドゥオーモ広場近くのドルチェ屋さんに入ってパンナコッタ(Pannacotta)を食べました。
あっさりしていて美味しかったです。


パンナコッタって?

パンナコッタはイタリアのピエモンテ州発祥のドルチェです。
イタリア語で「パンナは」生クリーム、「コッタ」は煮るという意味があり、生クリームを煮詰め、お砂糖とゼラチンを溶かし、冷やし固めたドルチェです。







Cocoro
Cocoro

カターニアには、マルタ島からの移動とシチリア島の他の観光地へのバス移動、南イタリアへ移動するための拠点としての滞在でしたのであまりゆっくり世界遺産の街を観光できなかったので、次回行くことがあれば、エトナ山にも行ってみたいし食べ歩きもしてみたいです。




現在、外務省の感染症危険情報レベルにて、イタリア全土、サンマリノ全土、マルタ全土は引き続き「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」が発出されております。 イタリア]全土   [サンマリノ]全土  [マルタ]全土

1 日本の新たな水際措置
 日本においては,12月28日より以下(1)~(3)のとおり新たな水際措置が実施されています。
(1)入国制限(外国籍者のみ対象):10月1日から実施していた「全ての国・地域からの新規入国」を一時停止(さしあたり2021年1月末まで)。
(2)日本在住の日本人及び在留資格保持者に対する特例措置(日本国籍者も対象):11月1日より実施していた「全ての国・地域への短期出張からの帰国・再入国時における特例措置」を一時停止(さしあたり2021年1月末まで)。
(3)検疫の強化:日本における緊急事態宣言発出に伴い,1月8日,検疫措置が強化され,国・地域や国籍を問わず,全ての入国者・再入国者・帰国者は,現地出国前72時間以内に受検したコロナ検査の陰性証明の提出が必要となります(1月13日午前0時(日本時間)から適用)。
○新たな水際措置(外務省)(2021年1月8日)
 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C006.html 
○水際対策に係る新たな措置(全ての入国者に対する出国前検査証明の導入)(厚生労働省)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html 

2 検査証明のフォーマット
 検査証明のフォーマットについては,以下の外務省ホームページをご覧ください。
○有効な「出国前検査証明」フォーマット(外務省ホームページ)
 https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page25_001994.html 
 このフォーマットに記載のすべての情報が英語で明記されていれば,検査機関所定の任意書式でも結構です(任意書式の証明書には,氏名,パスポート番号,国籍,生年月日,性別,検査手法,検査結果,検体採取日時,検査結果決定年月日,検査証明交付年月日,医療機関名(又は医師名),医療機関住所,医療機関印(又は医師の署名)が必要となります。)。

3 日本到着以降の検疫措置
 現地出国前72時間以内にコロナ検査を受け,陰性証明をもって日本に渡航しても,本邦到着時には改めて検査を受けていただくこととなります。また,空港検査において陰性判明後,入国し,公共交通機関を使わずに自宅等の滞在先に向かい,その後14日間は自宅等において待機することが要請されていますので,ご留意ください。

4 質問票Webの事前登録
 日本到着時には,検疫所への質問票の提出が求められています。従来の紙ベースの質問票(日本到着便の機内で配布)に加え,ご自身のスマートフォンやタブレットで「質問票Web」に事前に情報を入力し,発行されたQRコードを日本到着時に検疫官へ提示する必要があります(詳細は下記の厚生労働省ウェブサイト参照)。
 航空機搭乗前の入力は必ずしも求められていませんが,航空会社によっては「質問票Web」への入力後に発行されるQRコードを提示しないと搭乗手続きができない,としている航空会社もありますので,日本への入国・帰国を予定されている方はご注意ください。
○質問票Webへの到着前入力(厚生労働省)
 https://p-airnz.com/cms/assets/JP/pdf/questionnaire_website_jp.pdf 
○質問票Webへのアクセス
 https://arqs-qa.followup.mhlw.go.jp/#/ 

【問い合わせ窓口】
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
 日本国内から:0120-565-653
 海外から:+81-3-3595-2176(日本語,英語,中国語,韓国語に対応)
○出入国在留管理庁(入国拒否,日本への再入国)
  電話:(代表)03-3580-4111(内線4446,4447)
○外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション
  電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い,日本語の「1」を選んだ後,「5」を押してください。)一部のIP電話からは,03-5363-3013

(外務省 海外安全ホームページより)







+3