【南イタリア】世界遺産の可愛い街・アルベロベッロ Alberobello, a cute city of World heritage


Cocoro
Cocoro

みなさん、こんにちは。南イタリア旅行中に訪れた、アルベロベッロについてご紹介したいと思います。




アルベロベッロの場所




アルベロベッロ(Alberobello)はイタリアのプーリア州の農村地帯にある小さな村です。
トゥルッリ(Trulli)と呼ばれるきのこ型をした円錐形の屋根を持つ白い家が建ち並んでおり、他では見れない独特な景観を生み出していて、1996年に『アルベロベッロのトゥルッリ』として世界遺産に登録されています。



アルベロベッロへの行き方


アルベロベッロまで行くのに多くのみなさんが利用するのが、
イタリアのプーリア州の首都バーリから私鉄スッド・エスト(Sud-Est)線に乗り、アルベロベッロ(Alberobello)まで行く方法だと思います。

所要時間は約1時間半です。 スッド・エスト(Sud-Est)線のサイト→→→

スッド・エスト線は、日曜日の運行がありませんので、アルベロベッロへの移動は日曜日は避けて計画しましょう。


スッド・エスト線(Sud-Est)のアルベロベッロ駅

アルベロベッロ駅の地図 


私の体験談ですが、カターニアから国内線でプーリア州の首都バーリまで飛び当初の計画通りにスッド・エスト線(Sud-Est)の私鉄に乗り行こうと思っていたら、イタリアの祭日の日に当たってしまいました。

もちろん、この私鉄は祭日も運休ということで、急遽バーリから代替えのバスに乗ってアルベロベッロまで行くことになってしまったのですが、少し大変でした。

バーリ駅の案内所の人に、『チケットはバスの中では買えないから、事前にバス乗り場周辺のバルやカフェで買って。』と言われ、まずはバーリで、バス乗り場とチケット買える場所を探さなければいけなくなりました。祭日のため駅の周りにもほとんど人気がなく、お店が99%閉まっていて、カフェのバールもキオスクも開いていません。
周りにいた人に声をかけて聞いてみましたが、みなさんわからないといいます。

これはもう、バスのドライバーに言うしかない。とチケットなしのままバスに乗り込みました。

バスを降りるとき、『チケットオフィスや店が全部閉まってて事前に買えなかったのです。
すいません、ここで支払います。』とお金を出すと、『いいよいいよ。いらん。』と言われてしまいました。結構アバウトなイタリア。そして運転手さんありがとう。


もしかしたら、現在はバスの車中でも購入できるようになっているかもしれません。
夕方に出発したため、アルベロベッロに到着したときはもう暗くなっていました。
無事にアルベロベッロで予約したホテルにたどり着いた時には本当にほっとしました。



翌朝、アルベロベッロの街を散策後にバーリまで戻るときは無事に私鉄のスッド・エスト(Sud-Est)線に乗ることができました。

アルベロベッロからバーリ中央駅まで片道4.9ユーロでした。(約73分)

私のようにならないためにも、日曜日以外に、イタリアの祭日などにもよく気をつけて計画されてくださいね。



アルベロベッロのトゥルッリ



トゥルッリ(Trulli) と呼ばれる、きのこ型をした円錐形の屋根を持つ白い家が建ち並ぶアルベロベッロ(Alberobello)は、美しい木という意味があります。トゥルッリの家並みが美しい並木のように見えることから来ているそうです。


トゥルッリ(Trulli)は、お土産屋さんや飲食店などのお店、ホテルのほか、住居としても使われています。


円錐形の屋根は、石灰岩の切り石を丁寧に積み上げて仕上げたもので、白い漆喰でハートや鳥や魚などのマークが描かれています。魔除けの意味があるという説や、個々の家の認識のためだという説などがあります。屋根の先端には飾りの石が置かれています。

アルベロベッロ(Alberobello)の街はお土産屋さん、レストラン、カフェなどが並ぶリオーネ・モンティ(Rione Monti) 地区と地元の人たちが生活しているアイア・ピッコラ(Rione Aia Piccola)地区のある旧市街と、新市街に分かれています。



モンティ地区​ Rione Monti





アルベロベッロの一番の見どころは、約1000ものトゥルッリ(Trulli)が残っている モンティ地区です。
お土産物屋やさん、レストラン、カフェなどが並んでいます。














サンタントニオ教会​ Chiesa Sant’Antonio di Padova




サンタントニオ教会は、アルベロベッロ唯一のトゥルッリでできた教会です。
1926年に建てられました。






サンタ・ルチア展望台 Belvedere Santa Lucia




サンタ・ルチア展望台は、アルベロベッロでトゥルッリの屋根を持つ白い家が建ち並ぶモンティ地区の街並みを見渡すことができる展望台です。ここからの眺めはなかなかのものですので、ぜひ足を運んでみてください。





サンティ・メディチ教会 Basilica dei Santi Medici Cosma e Damiano


サンティ・メディチ教会は、アルベロベッロの守護聖人コズマとダミアーノが奉られたネオクラシック様式の教会です。正式名称はサンティ・メディチ・コズマ・エ・ダミアーノ教会といいます。








現在、外務省の感染症危険情報レベルにて、イタリア全土、サンマリノ全土、マルタ全土は引き続き「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」が発出されております。 イタリア]全土   [サンマリノ]全土  [マルタ]全土

1 日本の新たな水際措置
 日本においては,12月28日より以下(1)~(3)のとおり新たな水際措置が実施されています。
(1)入国制限(外国籍者のみ対象):10月1日から実施していた「全ての国・地域からの新規入国」を一時停止(さしあたり2021年1月末まで)。
(2)日本在住の日本人及び在留資格保持者に対する特例措置(日本国籍者も対象):11月1日より実施していた「全ての国・地域への短期出張からの帰国・再入国時における特例措置」を一時停止(さしあたり2021年1月末まで)。
(3)検疫の強化:日本における緊急事態宣言発出に伴い,1月8日,検疫措置が強化され,国・地域や国籍を問わず,全ての入国者・再入国者・帰国者は,現地出国前72時間以内に受検したコロナ検査の陰性証明の提出が必要となります(1月13日午前0時(日本時間)から適用)。
○新たな水際措置(外務省)(2021年1月8日)
 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C006.html 
○水際対策に係る新たな措置(全ての入国者に対する出国前検査証明の導入)(厚生労働省)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html 

2 検査証明のフォーマット
 検査証明のフォーマットについては,以下の外務省ホームページをご覧ください。
○有効な「出国前検査証明」フォーマット(外務省ホームページ)
 https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page25_001994.html 
 このフォーマットに記載のすべての情報が英語で明記されていれば,検査機関所定の任意書式でも結構です(任意書式の証明書には,氏名,パスポート番号,国籍,生年月日,性別,検査手法,検査結果,検体採取日時,検査結果決定年月日,検査証明交付年月日,医療機関名(又は医師名),医療機関住所,医療機関印(又は医師の署名)が必要となります。)。

3 日本到着以降の検疫措置
 現地出国前72時間以内にコロナ検査を受け,陰性証明をもって日本に渡航しても,本邦到着時には改めて検査を受けていただくこととなります。また,空港検査において陰性判明後,入国し,公共交通機関を使わずに自宅等の滞在先に向かい,その後14日間は自宅等において待機することが要請されていますので,ご留意ください。

4 質問票Webの事前登録
 日本到着時には,検疫所への質問票の提出が求められています。従来の紙ベースの質問票(日本到着便の機内で配布)に加え,ご自身のスマートフォンやタブレットで「質問票Web」に事前に情報を入力し,発行されたQRコードを日本到着時に検疫官へ提示する必要があります(詳細は下記の厚生労働省ウェブサイト参照)。
 航空機搭乗前の入力は必ずしも求められていませんが,航空会社によっては「質問票Web」への入力後に発行されるQRコードを提示しないと搭乗手続きができない,としている航空会社もありますので,日本への入国・帰国を予定されている方はご注意ください。
○質問票Webへの到着前入力(厚生労働省)
 https://p-airnz.com/cms/assets/JP/pdf/questionnaire_website_jp.pdf 
○質問票Webへのアクセス
 https://arqs-qa.followup.mhlw.go.jp/#/ 

【問い合わせ窓口】
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
 日本国内から:0120-565-653
 海外から:+81-3-3595-2176(日本語,英語,中国語,韓国語に対応)
○出入国在留管理庁(入国拒否,日本への再入国)
  電話:(代表)03-3580-4111(内線4446,4447)
○外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション
  電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い,日本語の「1」を選んだ後,「5」を押してください。)一部のIP電話からは,03-5363-3013

(外務省 海外安全ホームページより)











+3