【モルディブ】ラヴィヤニ環礁のダイビング Diving in Lhaviyani Atoll, Maldives

COCOROのもっと知りたい

COCOROのもっと知りたいは興味のある場所、物、これから行ってみたい、体験したい事などについて色々とご紹介していきます!

Cocoro
Cocoro

モルディブのラヴィヤニ環礁では一度も潜ったことがないので、
ダイブサイトなどについて少し調べてみました!

モルディブ Lhaviyani環礁はどこにある?



ラヴィヤニ環礁はモルディブ諸島北東部の環礁で
首都マーレがある北マーレ環礁の北約120 キロメートルに位置しています。
環礁の首都はナイファルです。


環礁には合計54の島があり、
その内の5つの島、ナイファル、ヒンナヴァル、クレンドゥー、オルベリフシが
現地の人が住むローカル島です。


現在 10のリゾートがあります。


ラヴィヤニ環礁のリゾート Resort in Lhaviyani Atoll


  • クダドゥー・モルディブプライベートアイランド(Kudadoo Maldives Private Island 
    水上飛行機で約40分。
    2018年12月26日にオープン。
    ・客室数15室。
    ・ザ・リトリートという建物の屋根に備え付けられた984枚のソーラーパネルがあり、島の全電力を供給できるようになっている。
    ・フラワリアイランド リゾートと姉妹リゾート。レストランなどフラワリの施設も利用可能。
    ・日本人建築家のYuji Yamazaki氏が設計を手掛けた5つ星ホテル。
    ・オープン中




  • フシファル モルディブ(Fushifaru Maldives) 
    水上飛行機で約35分
    ・環礁内部のラグーンと外海を結ぶ2つの海峡の間にあり、大きな砂浜に面している。

    2017年オープン4つ星リゾート。
    客室数49室。
    ・2020年10月1日よりゲスト受け入れ再開。オープン中



  • フラワリ・アイランド リゾート(Hurawalhi Island Resort 
    水上飛行機で約45分。
    2016年11月オープン。
    日本人建築家のYuji Yamazaki氏が設計を手掛けた5つ星ホテル。
    15歳以上の大人のためのリゾート
    ・世界最大級の水中レストランがある。
    客室数90室
    ・オープン中



  • クーン・モルディブ(Cocoon Maldives
    水上飛行機で約30分。
    ・2017年2月1にグランドオープン。

    客室数150室。
    ・イタリアのデザイン会社が設計。イタリア人気家具ブランドLAGOによるスタイリッシュな部屋が特徴。

    オープン中



  • アトモスフィア・カニフシ・プレミアムオールインクルーシブリゾート(Atmosphere Kanifushi – Premium All Inclusive Resort)
    水上飛行機で約30分。
    ・2013年オープン。
    ・客室数172室。
    ・島のホワイトサンドビーチは全長2km。
    ・オープン中

  • カヌフラ・モルディブ(Kanuhura Maldives
    水上飛行機で約45分。

    2016年12月にリニューアルオープン。
    ・客室数80室
    ・オープン中




  • クレドゥ・リゾート & スパ モルディブKuredu Resort & Spa, Maldives
    水上飛行機で約35分。
    客室数387室。
    ・ダイバーに人気のダイブサイト、クレドゥエクスプレスが近くダイバーに人気。
    ・本格的なゴルフコースがある。
    ・2020年11月1日よりゲスト受け入れ再開。オープン中




  • パーム ビーチ・アイランド リゾート&スパ モルディブ(Palm Beach Island Resort & Spa Maldives
    水上飛行機で約40分。
    ・全客室がビーチヴィラのナチュラル&カジュアルなリゾート。

    客室数135室
    ・島の両端は長い砂州が延びる。
    ・オープン中




  • インナーフラ・モルディブリゾート(Innahura Maldives Resort
    水上飛行機で約40分。
    ・2019年2月オープン。

    客室数78室。
    ・クレドゥ、コマンドゥ系列の4つ星リゾート。
    ・新型コロナ感染症の影響により現在はクローズ中。




  • コマンドゥ・アイランド リゾート&スパ(Komandoo Island Resort & Spa
    水上飛行機で約40分。
    ・18歳以上の大人のためのリゾート。
    ・客室数65室
    ・オープン中





ラヴィヤニ環礁にはどうやって行く?



2020年9月3日現在、外務省の感染症危険情報レベルにて、モルディブは引き続き「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」が発出されております。

新型コロナウイルスの影響に伴い、航空便に欠航・減便・運休が発生しています。ご旅行を計画され、航空便をご利用の際には、必ず、航空会社・空港のホームページ等で運行状況の事前確認をお願いします。

日本人に対するモルディブの入国後の行動制限
旅行者は入国に際してはPCR検査結果の提出は不要であり、入国後の隔離措置はとられない。入国時に空港で症状で認められた旅行者は、自己負担でPCR検査を受診することとなり、別途保健当局も無作為に旅行者を対象にしたPCR検査を実施する場合がある(費用は当局負担)。

PCR検査結果で陽性の場合、予約したリゾート施設又は政府指定施設で隔離される。

就労許可保有外国人及びその家族がモルディブ入国後にマレ市を訪問・滞在する場合、自宅又は宿泊施設で14日間の自主隔離措置が必要となり、14日間の隔離措置後にPCR検査を受診することになる。(外務省海外安全ホームページより抜粋)

モルディブ観光省から2020年9月10日から観光客へ向けての入国に関する変更が発表されました。↓↓↓

在モルディブ日本国大使館よりモルディブの入国制限について(最新情報)
モルディブ入管当局は、10日より、観光客を含む短期滞在者は、モルディブに出発する72時間前に取得した新型コロナウイルス感染症のPCR検査を受験し、検査結果の英文の陰性証明書をモルディブ到着時刻の24時間前まで出入国事前申告サイト「IMUGA」を介してオンラインで提出するよう案内しています。
(モルディブ入管当局)

Pre-entry PCR certificate with negative test result, as an entry requirement for tourists and other short-term visitors traveling to Maldives


(事前申告サイト IMUGA)
www.imuga.immigration.gov.mv

英文の陰性証明書には、検査機関名、住所、結果、採取したサンプルの日付が明記されている必要があります。

また、モルディブ観光省は、英文のPCR検査結果・陰性証明書を提示(所持)するよう案内しています。
http://www.tourism.gov.mv/circulars/negative_pcr_test_result_requirement_for_tourists_arriving_to_the_maldives

ただし、次の方は免除の対象とされています。
・モルディブ市民
・有効な労働許可証または就労ビザをお持ちの方
・配偶者ビザ保持者
・学生ビザをお持ちの方
・結婚ビザをお持ちの方
・1歳未満のお子様
・航空機の客室乗務員
上記の方は、客室乗務員及び1歳未満のお子様を除き、自己隔離(自宅等で14日間の隔離)が義務付けられています。

なお、PCR検査結果・陰性証明書を所持しても、モルディブ到着時、モルディブ当局の検疫(問診、検温、スクリーニング等)の対象から外れることはありません。

(参考)
(1)モルディブを入国時・出国時に事前の登録「IMUGA」が必要です。フライトの出発時刻から24時間以内に申告してください。
IMUGA https://imuga.immigration.gov.mv/

(2)経由地にも注意してください。
現在、モルディブに就航しているエティハド航空やエミレーツ航空は、アブダビ及びドバイ発着便及びこれらの都市を経由する全ての利用者に各国政府の認定機関によるPCR検査結果が陰性であることを提示する必要があるとしています。ご利用される航空会社、経由地によって規則が異なりますので、各航空会社等に事前に確認してください。

お問い合わせは下記、ホームページを参照ください。

駐日モルディブ大使館ホームページ

在モルディブ日本国大使館ホームページ





*航空便について欠航・減便・運休が発生していることから今後も運行状況が随時変更される可能性がありますが、シルクエアーの運行再開はひとまず良いニュースですね。まだしばらくは落ち着かない状況ではありますが、
1日も早く気兼ねなく旅行に行ける日常に戻って欲しいですね。


ラヴィヤニ環礁の各リゾートへは、ヴェラナ国際空港(マーレ空港)から水上飛行機を利用します。



ラヴィヤニ環礁の代表的なダイビングサイト

Kuredu Express
クレドゥエクスプレス。
ラヴィヤニ環礁の最北端に位置するリゾート、クレドゥの東側にあるポイント。
リーフ沿いにドリフトし、コーナー付近でグレイリーフシャーク、ギンガメアジ、バラクーダ、マダラトビエイ、イソマグロなどが流れに乗って来るのを待つ。
名前の通り、時に流れがかかなり強くなることも。
リーフトップは5−7m。
ナポレオン、スナッパー、スティングレイ、ウツボ、ミノカサゴ、などが現れる。
オーバーハングの中のソフトコーラルが美しい。

Kuredu Caves
クレドゥケーブ。

ラヴィヤニ環礁の最北端に位置するリゾート、クレドゥのアウターリーフを潜る。
オーバーハングが多く、その中にいるカメとの遭遇率が高いポイント。
イソマグロや、マダラトビエイ、バラクーダの群れなども見れることが多い。

Shipyard
シップヤード。
ラヴィヤニ環礁の北東ににある2隻の沈船ダイブポイント。
今ではカラフルなハード/ソフトコーラルで覆われています。
沈船1は、直立しており、船首は水面上に出ています。
沈船2は水深28mの位置にあります。
ツバメウオ、スティングレイ、ハタ、チョウチョウウオ、スズメダイ、グラスフィッシュ、ツバメウオ、ウツボなどを見れる。

Madivaru Kandu
マディバルカンドゥ。
シップヤードの南、マディヴァル島とフェリバル島のチャネルを横断するダイブポイント。
トップリーフは3〜5m。アウトリーフは35〜40mに落ちている。

マダトビエイ、ホワイトティップリーフシャーク、カメ、フジリアの群れ、ムスジコショウダイ、スティングレイ、イソマグロ、バラクーダなども遭遇率の高いポイント。

Aquarium
アクアリウム。
無人島であるフラバリ島の北にあるポイント。
海流から保護されたダイビングが可能ですべてのダイバーに適したポイント。
カメ、ムスジコショウダイ、ヨスジフエダイの群れ、スティングレイなど。
ギターシャークに遭遇できることもあり。


モルディブの気候


熱帯性気候で高温多湿。
気温は年間を通して、24℃〜33℃。

乾燥した北東モンスーン(12月から3月)と
湿った南西モンスーン(5月から11月)に分かれ、
一般に1月から5月ごろが乾季
6月から 11月ごろが雨季となる。

雨季といっても、日本の梅雨のように
長期間雨が降り続けることはあまりない。

*ダイビングは1年中可能です。


旅の基本情報


国名モルディブ共和国
首都マーレ
島の数モルディブ共和国
時差日本からマイナス4時間。リゾートによっては、独自にリゾートタイムを使用していることもある。
言葉公用語はディベヒ語。リゾートでは英語が通じる。
VISA30日以内の観光の場合は、到着時に無料でビザが発給される。
通貨モルディブ・ルフィア(Rf)。リゾートは米ドル支払い可。ローカル島でも米ドルで支払えるところも多い。
電圧220~240V 50Hz。
BFタイプのコンセントが主流。世界中のプラグに対応するマルチプラグを備えているリゾートも増加している。




+3