【ポルトガル】リスボンの旅③リスボンのおすすめスポット12選!パート2 (12 Recommended spots in Lisbon. Part2)


Cocoro
Cocoro

ポルトガルの首都リスボンのおすすめスポット12選。
パート2です。後半の(7~12)をお送りします。



7. ビカのケーブルカー Ascensor da Bica




リスボンの街は坂道が多く、エレベーターやケーブルカーを使って移動できる場所があります。

ビカのケーブルカー(Ascensor da Bica)は、リスボンの風景写真やガイドブックでもよく使われていて、みなさんも一度は目にしたことがあるかもしれません。

坂の下にはテージョ川、そして石畳の坂道、ビカ・デ・ドゥアルテ・ベーロ通り(R. da Bica de Duarte Belo)を進む様子はとても絵になるリスボンの風景として人気があります。




8. タイムアウトマーケット・リスボン Time Out Market Lisbon




タイムアウトマーケットはリスボンに2014年5月にオープンした50店以上の飲食店が入った巨大なフードコートです。カイス・ド・ソドレ駅(Cais do Sodré)駅の目の前にあります。

イギリスのロンドンでTime outというタウン誌などを手掛ける出版社が運営しています。
リスボンが1号店で、現在では、ニューヨーク、ボストン、モントリオール、シカゴなどでも展開しており2021年にはドバイ、2022年にロンドン、2023年にプラハで開業予定とのことです。


日本にもいつかできたら嬉しいです。このままのお洒落な雰囲気のままで・・・。



タコのサラダとポルトガルのビール、Super Bock


9. リスボン大聖堂 Sé de Lisboa




リスボン大聖堂(Sé de Lisboa)は、リスボンのアルファマ地区にあります。
1147年に建設が始まりました。リスボンで一番古い教会です。何世紀もの間に行われた改修のため、ロマネスク、ゴシック、バロック様式などの、様々な築様式が混在していることが特徴です。

薔薇窓が美しい教会です。
この教会は長い年月の間に何度も地震による損傷を受けました。20世紀に大規模な改修が行われました。



10. アルファマ地区の街並み Alfama





リスボンでは、アルファマ地区を散策するのがおすすめです。
この地区は、1755年のリスボン大地震による大きな被害を免れたおかげで狭い路地が残り、その路地を通り抜ける路面電車などポルトガルらしいノスタルジックな風景に出会える旧市街です。



11. Restaurante Sardinha





地元の人が通う、ポルトガル料理の小さな可愛い食堂です。
イワシの塩焼きを食べました。味はシンプルでフレッシュでとっても美味しかったです。
家族経営のお店。店主さん、とてもフレンドリーでした。これからも長く続けて欲しいと思うお店です。





12. Confeitaria Nacional




フィゲイラ広場の近くにある、1829年創業の老舗カフェです。建物も歴史を感じられます。
エッグタルトのナタとガラオンをいただきました。
ポルトガルではガラオン(Galão)というエスプレッソ1/4とミルク3/4ををグラスで飲むコーヒーがあります。 価格はそれほど高くないです。ちょっと一息入れるのにおすすめですよ。







【ポルトガル】リスボンの旅②リスボンのおすすめスポット12選!パート1 (12 Recommended spots in Lisbon. Part1)




日本に対するポルトガルへの入国制限

2021年6月16日から、ポルトガルへの渡航については、
・EU及びシェンゲン協定加盟国並びに英国と相互主義に基づき渡航目的が必要不可欠のみに制限されない国及び特別行政区(日本、アルバニア、サウジアラビア、アルメニア、豪州、アセルバイジャン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルネイ、カナダ、韓国、米国、イスラエル、ヨルダン、レバノン、モンテネグロ、NZ、カタール、北マケドニア、モルドバ、ルワンダ、セルビア、シンガポール、タイ、中国、コソボ、香港、マカオ、台湾)からの入国者は渡航目的の制限なく入国可能となっています。

・上記以外の国・地域は、真に必要不可欠な目的(職業、修学、家族との面会、健康、人道)の渡航のみが認められる。

◎陰性証明の提示
12歳未満を除き、搭乗(乗船)72時間前までに受検したPCRを含む核酸増幅法検査
又は搭乗(乗船)48時間前までに受検した迅速抗原検査のいずれかの陰性証明の提示が求められます。

有効なEUデジタル証明書を所持し提示すれば、上記陰性証明が免除されます。
デジタル証明書は以下のいずれかを満たすもの。
①ワクチン接種証明、②陰性証明、③感染快復証明の記録

・南アフリカ、ブラジル、インド、ネパール、英国)からの入国者は、必要不可欠な渡航目的のみに制限され、かつ入国後14日間の予防的隔離が必要。

※渡航を検討される際には、
各国当局のホームページを参照するほか、在京大使館に確認するなど、最新の情報を十分に確認してください。